予備校や塾を選ぶときに知っておくと役立つ重要な知識とは

PICK UP

  • 料金を知る

    医学部予備校に加入することによって、自分ではできないような勉強をすることができます。しかし、そのぶん授業料金を払う必要があるので、どれぐらいの金額を払うのか事前に確認しておきましょう。

  • するべきこと

    子供の成績が悪くなってしまったときにはその原因を把握し、解決策を出す必要があります。また、自宅で勉強を徹底させたい場合には家庭教師を依頼してみると良いでしょう。そうすることで、成績を伸ばせます。

おすすめの予備校

のびのび学べることで人気がある光が丘の塾なら、子供のペースに合わせた総合教育を受けることができるから親御さんから人気です。

医学部予備校なら【富士学院】をおすすめします

医学部予備校「富士学院」は、福岡県福岡市博多区にある医学部予備校です。福岡県内には医学部のある大学が4つ存在しています。これは全国平均でもトップクラスです。 そのため医学部志望の受験生も必然的に多くなっており、それに伴い県内の医学部予備校の需要も非常に高いものとなっています。 富士学院は生徒の学力を向上させるだけではなく、将来医者として活躍できるような本物の人材育成を目指しています。 医者であるためには、何よりもまず生徒自身が精神的に強くなければいけません。弱い精神では、人の命と向き合うことが出来ないからです。 そして医学部受験という壁にどのように向き合い、それを越えていけるかが、その後の医者としての人生に大きく影響してくるのです。 そのような壁に、生徒と一緒に向き合うために「富士学院」は、万全のサポート体制を敷くことで全力で生徒をバックアップします。

担任制と面談指導について

医学部予備校「富士学院」は担任制を設けています。講師は皆医学部受験のプロで、そのような講師が集まって細かく連携を取り合い、学習内容や生徒の状況について臨機応変な指導が出来るように工夫しています。生徒が安心して受験に望めるように、講師陣が一丸となり情報を共有しあうことで、日々のカリキュラムを決定していくのです。 その他にも、富士学院には面接指導というものがあります。 これは医学部入試の面接のようなスタイルを採用しており、生徒一人に対して複数の教師が質問する形で面接を行います。このような制度を採用しているのは、生徒の心のケアを重視しているためです。受験は一人で乗り越えるには、あまりに厳しいときがあります。それが高校生という若い時期であれば尚更でしょう。そういった生徒の悩みに真摯に向き合うのが、富士学院の面接指導なのです。

PICK UP

  • 相場を理解

    個別指導と集団指導に塾は分けることができます。それぞれ違う特徴があるのですが、それについて詳しく学んでおくことで、どの塾が最適なのか判断できるようになり、入った後後悔することもなくなります。